銀行カードローンでは借りられないなら消費者金融で

銀行カードローンは金利が安いので非常にお得ですが、そう簡単に審査に通過できない点が非常に厳しいです。

 

もしも、少額の融資でも大丈夫ならば、銀行カードローンを利用するよりは消費者金融を利用するといいでしょう。

 

すぐにお金を借りたい、おすすめの最短キャッシング
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

データ参照:即日キャッシングのランキング

 

 

消費者金融ならば、少額融資で得をする

消費者金融には銀行カードローンにはないメリットとして、審査が早い事と、審査に通過し易いということが挙げられます。特にプロミスやモビットならば、少額融資の場合はあっという間に審査が終わってしまいます。審査通過率も銀行カードローンと比べれば2倍くらいは高いので、理由は特にないのに銀行カードローンの審査になかなか通らないという場合にはオススメです。

 

あくまで、特に理由がない場合です。もしも、現在の借入件数がたくさんあったり、これまでに遅延や延滞などを繰り返してしまっていたりしている、という明確な理由があると、消費者金融であっても、例え少額融資の場合でも審査に通過しませんので、注意しましょう。

 

学生やフリーターでも利用可能

また、10万円の少額融資ならば、学生やフリーターでも融資してもらえます。アルバイトが収入の場合でも、10万円くらいならば、時間をかければ簡単に返済できる金額なのです。そのように考えても、かなりの少額融資であることが分かります。また、学生は審査に不利な属性ですし、フリーターも収入面から言えば非常に不安定ですから、キャッシングの審査の際にはどうしても通過し辛い要素を抱えています。そのような方であっても10万円ならば借りることができるのですから、普通に働いている方ならば容易に借入することができると想像できます。

 

10万円の融資は信用度がない証

しかし、普通に働いている方ならば、最低でも30万円くらいの融資限度額を与えられるはずです。年収は200万円はありますから、総量規制の観点から見ても、それぐらいの融資は初めてのキャッシングであっても妥当な判断です。そもそも、10万円というのは消費者金融の最小融資限度額です。消費者金融からすれば、貸し付けはできるものの、まだ信用することができない、返済能力があるのかどうかが分からない、というような相手に行う融資金額です。もしも、普通に働いていて限度額が10万円となってしまったら、信用度が無い証ですので、もっと借入したいのであれば、信用度を上げられるように善処しましょう。

 

少額融資の場合は利子を心配する必要はない

金利については消費者金融の方が、銀行カードローンの方よりも高いと言うことは広く一般に知れ渡っていることです。しかし、少額融資の場合はあまり金利の差が金額として現れません。10万円の借入をした場合であっても、生じる金利の金額差はたったの300円です。

 

これぐらいならば、数か月を掛けて返済したとしても痛くもかゆくもない金額でしょう。ですので、金利についてはあまり心配する必要はありませんし、優先事項として考えることもないのです。むしろ、いかに早く簡単に借入することができるか、ということに着目しておいた方がいいでしょう。

 

消費者金融の魅力を活用する

先にも上げたとおり、消費者金融の魅力は、審査に通りやすいことと、審査が早く終わることです。これらのメリットは、銀行カードローンには全くありません。むしろ、借入をしたいという状況の中では、少額で構わないという場合において、この二つは重要視すべきことなのです。

 

例えば、明日までに5万円のお金を用意しなければならない、というケースでは、明日まで、という時間的な期限が付きます。それに間に合わなければ全く意味をなさないので、もしも、銀行カードローンの審査を受けて、審査に時間がかかってしまい、お金を振り込んでもらえなかった時や、肝心の審査に通らなかった、という場合ですと、かなりのタイムロスをしてしまいますし、別の借入先を探す必要が出て来るでしょう。

 

しかし、消費者金融の場合ですと、審査に通過し易くなることはもちろんのこと、審査結果も早く手に入れることができます。そのために、通過していた場合なら、すぐに手元にお金を入手することができ、当面の心配から解放されるでしょうし、例え審査に落ちてしまったと言う場合でも、すぐに別の借入先を探すことができますから、タイムロスもわずかで済みます。

 

借入の際には、金利ももちろん大切ですが、少額融資の際には金利で生じる差額は殆どありません。ですので、利用の際には時間を考慮して、消費者金融を利用した方がいいのです。

 

金利の面でも消費者金融が勝る場合がある

また、消費者金融の中には初回利用時に無利息期間を設けている会社もあります。金利が気になるのであればそちらを利用した方が、一定期間は金利がゼロとなりますので、期間中に返済をすれば、明らかにこちらの方がお得となります。

 

もちろん、返済できることが確実であればですが、消費者金融の方が得をする場合がありますので、特に少額融資の場合はこちらを利用してみるといいと言えるのです。

銀行カードローンの限度額はいくら?

銀行カードローンの借入最大限度額は少なくとも500万円で最大1000万円までとしている銀行もあります。

 

限度額をいくらに設定するかは自分の出した希望に対して審査でどう判断されるかによりますが、最低でも10万円からでそれ以下に設定する事はできません。

 

小さく区切ると10万円、30万円、50万円、100万円などの限度額がありますが、銀行は消費者金融よりも限度額が多くなる傾向があります。

 

最初は少ない額からスタートするのがおすすめ

銀行の限度額は高額ですが、初めての人がいきなり何百万円ものの限度額を与えられるという事はまずありません。大手コンビニチェーンのセブン銀行では、新規の利用限度額は10万円、30万円、50万円の3種類となっていて、最大でも50万円までの融資となっています。もしも限度額を増額したい場合、契約後2カ月以上経過していれば申し込む事ができます。

 

セブン・イレブンの店舗は全国に数多くあるので利便性も高く、借り入れや返済のしやすさで人気があります。主婦に人気なのが、大型ショッピング施設として有名なイオンが運営しているイオン銀行カードローンです。300万円までは収入証明書不要で、専業主婦でも配偶者に収入があれば申し込めて限度額は最大50万円までとなっています。

 

多くの銀行カードローンでは、学生やパート収入の主婦の方などの場合に限度額が10万円から30万円と低めの設定となっていますが、まとまった年収のある会社員なら最初から100万円程度の限度額が認められる場合もあります。限度額が多ければ何かと安心な面もありますが、それほど多くの資金が必要でなければ最初はなるべく少なめの限度額からスタートする事をおすすめします。

 

銀行カードローンは高額融資向け?

銀行カードローンの利用者の中には100万円を超える限度額を持っている人もたくさんいます。もともと銀行は金利が安いので、多額の融資が必要であれば銀行を利用した方が断然お得でしょう。ですがキャッシングで500万円から1000万円ものお金を借りたいという人は少数で、ほとんどの人は小額のキャッシング目的がほとんどです。実際にそれほど多くの融資をキャッシングという形で受けているのは少数かもしれません。

 

複数社からキャッシングをしていて、それらをまとめて借り換えるために、金利が安く限度額も高い銀行カードローンを利用する事もできますが、キャッシングはその先も引き続きできてしまうので、気をつけないとさらに借金が増えてしまう事にもなりかねません。借金を一本化したいのであれば、キャッシング機能のないおまとめローンに借り換えて、まずは返済に集中する方が安心かもしれません。

 

銀行?消費者金融?

キャッシングと言えば銀行か消費者金融かという話になるかと思いますが、どちらを利用するかは必要な融資の額によって使い分ける事ができます。借りたい額が少ないのであれば、審査が厳しくて数日かかる銀行よりも即日審査ですぐ融資ができる消費者金融で借りて、無利息期間などを上手く活用すれば金利が高くてもむしろお得になる場合もあります。

 

消費者金融の審査は30分程度ととても早く、ちょっとお金が足りない時に即借りる事ができるのでとても助かる存在です。初めてのキャッシングであれば限度額はやはり低く設定される事がほとんどですが、利用実績を重ねていけば後に増額もあります。

 

消費者金融には総量規制というものがあって、年収の3分の1まで融資ができます。最大限度額は500万円から800万円ぐらいですが、消費者金融で800万円の限度額を得るには2400万円の年収が必要という事になるので、実際はそこまでの金額を借りるというのは現実的ではないでしょう。

 

消費者金融では50万円以内の融資であれば、収入証明書の提出もなく本人確認書類さえあればすぐに融資を受けられます。主婦や学生、年金生活者などの場合には限度額は10万円程度になる事が多いですが、正社員で働いている人であれば50万円までなら比較的簡単に借りられるでしょう。

 

高額の融資なら銀行カードローンの検討をしてみる事をおすすめします。借りたい額が100万円以上ならば銀行カードローンを利用した方が金利も安いので安心です。また、消費者金融で100万円を借りるには最低でも300万円以上の年収が必要になりますが、銀行の場合は200万円程度でもその他に問題がなければ審査に通る可能性があります。

 

銀行には総量規制がないので年収の決まりも特になく、審査の際に個々の返済能力を調べて限度額を決めます。審査にはその分時間がかかりますが、多額の融資を受けたいのであれば時間を使ってでも低金利のローンを使いたいところです。

 

急いで少しお金を借りたいなら消費者金融、まとまったお金が必要なら銀行という感じでそれぞれのメリットをうまく活用して使い分けるといいですね。リフォームや教育など、目的のはっきりしている資金の場合、専用の金融商品がさらに低金利で用意されている事もあるので、迷ったら銀行に相談して一番いい方法をアドバイスしてもらいましょう。

 

銀行の審査に通らないなら

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、消費者金融同様に自動契約機を設置して30分のスピード審査を行う銀行もありますが、多くの銀行カードローンの審査はやや厳しい傾向があります。

 

同じ条件で銀行の審査がだめでも、消費者金融なら大丈夫な場合があります。すでに他でたくさん借りていたり、クレジットヒストリーに問題があったりすればどちらにしてもだめですが、もし銀行の審査に通らなかった場合、消費者金融なら借りられる可能性がありますのでぜひ相談してみてください。

人気上位のカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日